工場

メヤニの防止や製品の成型に使えるフッ素系離型剤のメリットとは?

壊れやすい製品の成型にはワックス系よりもフッ素系離型剤を使おう

最近は、ゴム製品でもプラスチック製品でも、携帯に便利なスリムで小さめのものが消費者に求められています。そのため、製造サイドとしても、こうしたデリケートな形状の製品を作らなければなりませんが、このような製品は、まさに現場泣かせと言えるでしょう。デリケートで壊れやすい製品は、成型中は勿論のこと、その後の扱いでも大変気を遣うものです。そのため、成形には、まず強力な離型効果がある離型剤を使って、型から成形物を剥がす際、余計な力を使わずに済むようにすべきですし、その後も余計な工程を追加しないで製品を仕上げられるようにする必要があるでしょう。
この両方を可能にしてくれるのが、フッ素コーティング剤が主成分のフッ素系離型剤です。ワックス系離型剤と比べて、フッ素系は、より確実な離型性能があるため、金型からの分離は極めて容易です。成型の際にメヤニが出ることも少なく、また、取り出した後、成形物を洗浄する必要がありません。ワックス系離型剤を使うと、成形物を金型から分離する際、型表面に塗布した離型剤が成形物に付着するため、これを綺麗に洗い落とすという追加手順が必要です。デリケートな製品を扱っている場合、こうした追加手順も、製品破損のリスクにつながるので好ましくありません。壊れやすい製品を作るなら、離型剤はフッ素系離型剤の一択でしょう。

Contents

モノづくりに欠かせない便利なフッ素系離型剤

シリコンやゴム、プラスチックといった素材を使った製品づくりを志すなら、離型剤について…

離型剤選択にあたりその特徴や効果をよく理解しておこう

プラスチック製品等の製造販売を手掛けている場合、効果が高くて現場に優しい離型剤の確保…

壊れやすい製品の成型にはワックス系よりもフッ素系離型剤を使おう

最近は、ゴム製品でもプラスチック製品でも、携帯に便利なスリムで小さめのものが消費者に…

作業現場の安全性確保のため引火性のないフッ素系離型剤を使おう

製造業では、製品の彩色のために使う塗料や、形づくりの過程で使う離型剤など、様々な薬剤…

Latest Post

Site map

Copyright © 2020 メヤニの防止や製品の成型に使えるフッ素系離型剤のメリットとは? All Rights Reserved.